M&Aサイト運営・仲介事業

M&A及び事業承継プラットフォーム運営事業
M&A仲介事業

logo_2

https://www.re-birth.biz/

==============================================================

経済産業に発表が平成29年10月にされました。

その資料の中で、

===

今後10年の間に、70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万(日本企業全体の約3割)が後継者未定。

現状を放置すると、中小企業廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性。

※今後10年の集中的な取組が必要。

===

中小企業・小規模事業者の生産性向上について

平成29年10月 経済産業省

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/suishinkaigo2018/chusho/dai1/siryou1.pdf

今後10年を集中実施期間と位置づけ、事業承継・再編・統合の推進のため、経営者の早期の気づきの促進から後継者とのマッチング、事業承継、第二創業まで、シームレスな支援を行うようです。

国策と位置付けられている事業承継問題ですが徐々にM&Aの活用など盛り上がってきておりますが、未だにM&A仲介会社さまの手数料の大きさで躊躇される経営者も多いと感じられます。

但し、M&Aと言うのは色々て手続きを踏んでいくので、それなりの費用をかからざる追えない状況がございます。

そんな中でM&Aの手続きの流れの一部をITに置き換えるようにして比較的リーズナブルにM&Aサービスの提供出来るのではないのか?!と言うことで『Re・Birthプロジェクト』が発足しました。

私自身も創業してから2度の小さいながらも事業譲渡を経験をしている身としてITの活用で非常に事業譲渡がやりやすくなったな・・と感じております。

ただ、やはり経営者本人のみ交渉にあたるのは不安でなりません。その辺をIT×リアルで一部分を業務を委託したりも出来れば、1人で売却交渉をしている不安を解消できると思っております。

そういう思いをもってITの利便性だけではなく交渉の流れでのお手伝いを含めて、まずは売主さまが安心して交渉できる場の提供を考えて『Re・Birth』をスタートをしたいと思います。

本当に色々な会社さまにM&Aの可能性を気軽に考え相談いただける場としてご提供をしたいと思っております。

==============================================================

M&A仲介事業

売上1億以下の企業様・赤字企業様について、企業売却を考えた時に企業サイズよりも高い手数料になり躊躇することが多いと思います。

それをRe・Birthで仲介事業で最も時間がかかるところをITで解決を行い低価格でのM&A仲介を実現しました。

企業様には様々な歴史やストーリーがあり、その気持ちを汲み取り新しい企業に引き継ぐ事を念頭に置いたM&Aサポートをしていきたいと思っております。

弊社も売り側として2度の事業譲渡で経験をしましたが交渉時にどういう間合いで交渉したら良いのか!?不安な部分が多くありました。

痒いところは手が届く訳ではないですが、実業を経験した弊社だからこそ出来る仲介サービスがあると考え、少しでも売主側・買主様が安心して売買が出来る様に努めていきたいと思っております。